↑当ページと関係ありません


●施術の拘り●

手指や手掌を使い疲れた体をほぐします。
(肘は使いません)

一言で「押す」と言っても内容が違います。
指先で押す事を単純に
「指圧」
と言ってしまう方がいますが「指圧」とは
浪越徳治郎先生が考案された技法です。

指で押す=指圧
ではありません

指で押す行為は
「押圧」といいます。

親指で押す事を指圧と勘違いしてる
方(施術者)は多いかと思います。


当店の
「押圧」は体表だけが嫌味なほど
痛いと言う感じではなく
筋肉の奥に伝わる痛みとなります
(疲れていない箇所は痛くないです)
単純に「痛い」と言う枠組みで
他店と比べないで下さい。
押し方の内容が違います
この「押す」と言う単純な事なのですが
すごく奥は深いです。


親指の関節が変形してる施術者がいますが、
長年携わっててベテランだから変形してる
のではありません。


親指の関節の変形は年月と言うより
親指の使い方にあります。
体重を無理なく親指に伝える
(基礎中の基礎なんですけどね)
角度で圧をかけてるなら
親指の関節は変形しません。

親指の角度が悪かったり
力任せに押してると
親指の関節は変形して行きます。

最初に教えて貰った人のクセが
正解として覚えてしまいます
下手くそは1年も施術してりゃ
カクンと曲がります。

ダメ指の例
この指の使い方してる店には入りません

-----------------------------------

肘は使おうと思えば使えますが使いません。
理由は指で十分だからです。

肘は指よりも固く簡単に強い圧を入れれます。
なので使い方を間違えると筋肉を痛める
だけになる可能性が高いのです。

凝り固まった筋肉を単純に強い圧だけで
もみほぐすって言うのは筋肉を痛める
だけ行為だと思っています。

私が認める肘の使い方は相方の肘使い
だけです。指での押圧の基本が出来て
ない施術者ほど肘を使いたがるもんです

-----------------------------------

一般的な施術は首・肩からスタートしますが
「にんにん」の場合は足から上がって行く
施術内容になってます。

20分・30分コースでは
時間が短い為、当店の特徴が
出せません。なので最低でも
40分頂けると嬉しいです。


施術時間中の気持ちよさより施術後数日間、体が楽な方が良いと思ってます。

数日かけて疲れた体を数十分で
ほぐすので多少なりとも痛みは
伴います。当店はしっかりほぐすお店です。
(眠りたいだけなら他店へどうぞ
)

なので、短いコースで
「肩・首だけでいい」
と言うお客様。
当店の施術は基本的に
足から上がる手技です。
肩・首だけしてもしょうが無い
と言う考えですし短い時間しか
与えて貰えないのですから
その短い時間で部分的な施術
を受けた時の当店の批判は
ご勘弁下さい。

お試しと思うなら最低40分は下さい

料金設定に20分コースはありますが
これは、常連さんへのアフターフォロー的
な思いからのコース設定です。

-----------------------------------

●カルテ的な物はありません●

お客様の体は毎回別物と考えております
実際、同じ動きを毎日続ける機械みたいな
人はいませんよね。って事は疲れ具合は
毎回違って当然です。

カルテ的な物の利点は前回の状況把握
でしょう。ですが前回の情報があると
先入観が入り毎度よく似たとこしか
ほぐさないって事になって行きます。

数人で運営してる店ならカルテ的な
物は必要と思われますが、当店は
一人ぼっちのお店です。なので
お客様の体は毎回初めて触る体と
思い探りながら疲れやコリを見つけ
ながらほぐして行きます。
なのでカルテ的な物は用意してません

初めてのご来店時に書いて頂く用紙は
何かあった場合に念のためって事で
書いて頂いております。

不便なのはお客様の情報を残さない為
数回ご来店頂き話もしているとお客様の
事を覚えて行くんですが、毎日いろんな
お客様を施術している中で数ヶ月前に
初めてご来店下さったお客様を覚えて
いられません‥ごめんなさい
しかも、受付で5分、終わってから5分
程度しかお客様の顔を見ないので
ほんとに覚える機会が少ないのです。
逆に体を触ってると‥

「ん?この体前に揉んだことある‥」

ってのはよくあります。


TOP



↓当ページと関係ありません